Claude MONET モネ

1840.11.14-1926.12.5

印象派を代表する光の画家

フランスの画家で、印象派の創設メンバーのひとり。移ろいゆく色彩と光に関心を寄せ、対象物そのものよりも「見え方」をいかにキャンバスに表現するかに腐心したモネは、最も「印象派」を具現した画家ともいえます。『睡蓮』に代表されるように時や季節を変えながら多くの連作を試み、同じモチーフながらまったく表情の異なる作品を生み出しました。

モネの画暦


「『印象主義』という言葉を狭義に捉えれば、あてはまるのはモネだけだ。目から受け取る色鮮やかな印象をそのままに描く理論と実践を兼ね備えたのは彼一人なのだから」
フランスの批評家グールモンの言葉は、印象派の本質を捉えらながらモネへの賞賛を惜しみません。実際ある画家が印象派であるかどうかは、モネとの比較で判断されるほどです。

少年時代から戯画を描き人気を博し、年齢には十分すぎる収入を得ていたモネですが、風景画家ブーダンと出会い、ともに戸外制作に励むなかで、「光の画家」としての才能を開花させていきます。空気感を大切にするあまり、輪郭がおぼろげなモネの絵は、当時の批評家から「まるで完成してない、印象しかない」として、嘲笑を込めて「印象主義」と呼ばれます。しかしモネはこれを逆手に、自らそう呼称しました。錆付いた古典芸術に対して、自分たちの革命的な芸術表現の自信と確信があったのでしょう。

後にモネは多くの連作を試みます。同じモチーフでも、天候や季節によりまったく違う表情を見せる対象物。モネは絵筆を通して光や自然との対話を楽しんでいたのではないでしょうか。連作という手法を用いることで、絵画に「時間」の概念を取り入れた、20世紀絵画の先駆者ともいえます。

モネ特集作品


全商品一覧

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

31件~40件 (全122件)  4/13ページ
最初へ  前へ 1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

「睡蓮・夕方の効果」モネ

睡蓮・夕方の効果

36,457円(税込)
クロード・モネ
イメージサイズ:40cm x 53cm
モネが睡蓮を描き始めたのは1897年頃からで、池の中の睡蓮をあらわした大きな装飾的画面の習作に取り組んだ。この作品は8点の習作のうちの1点。
夕闇を映す水面に白く浮かぶ睡蓮は、自然と視線を惹きつけます。
「日傘の女2」モネ

日傘を差す女2

41,696円(税込)
クロード・モネ
イメージサイズ:72cm x 48cm
一家で遠足にでかけた際に、モネが小船を係留しているのを他の家族が土手を登り見下ろしていた。
そんな何気ない一場面から生れた構図の作品の一点。
こちらのモデルはシュザンヌですが、あえてぼやかせて描く事で澄んだ空に溶け込み、まるで上昇するかのようです。モネの目指した自然と人物一体表現が垣間見れる作品。
「赤いボート・アルジャントゥイユ」 モネ

赤いボート・アルジャントゥイユ

41,696円(税込)
クロード・モネ
イメージサイズ:50cm x 70cm
1874年からモネの筆使いが細かくなります。この作品はその頃のもので細部にわたって色合いの変化を捉えようとしているのが感じられます。
「アルジャントゥイユの野原」モネ

アルジャントゥイユの野原

41,696円(税込)
クロード・モネ
イメージサイズ:50cm x 70cm
1871年春から78年に滞在したパリ郊外アルジャントゥイユ。この地で、モネは景色を中心に旺盛な制作活動にあたります。ポプラがそびえ、ひなげしの咲くこの野原を、モネは何枚も描きあらわしました。
「睡蓮8」モネ

睡蓮8

36,457円(税込)
クロード・モネ
イメージサイズ:52cm x 52cm
日本に大変興味を持ち、モチーフや構図に日本的な自然観をもちい、光と水が混ざりあってもたらす効果を追求した睡蓮のシリーズの中の1作品。
モネの生涯の試みはこの睡蓮シリーズに綜合されている、と言われており、揺れ動く水面に浮かぶ睡蓮と絡み合う水草とで独自の奥深い世界を繰り広げます。シリーズの中ではやや暗めの作品ですが、鮮やかなブルーが印象的な一枚です。
アルジャントゥイユのレガッタ

アルジャントゥイユのレガッタ

41,696円(税込)
クロード・モネ
イメージサイズ:51cm x 80cm
アルジャントゥイユ沿いのセーヌ川のヨットレースの準備の情景で、ヨットも建物も水面に映るそれらの反映も大胆で簡略的筆触で描かれている。水上に浮かべた自分のアトリエ船から描いた作品。
コンタリーニ宮

コンタリーニ宮

14,457円(税込)
クロード・モネ
イメージサイズ:10cm x 13cm
数少ない建物主体の絵で、建物全体が描かれていない珍しい構図。1908年に初めてヴェネチアを訪れた際に描かれました。 青い色調で統一された美しい作品。
ノルヴェジエンヌ号で

ノルヴェジエンヌ号で

14,457円(税込)
クロード・モネ
イメージサイズ:10cm x 13cm
ノルヴェジエンヌ号でジヴェルニーのモネの家の近く、セーヌ支流のエプト川での舟遊びの情景。モデルは左からジュルメール、シュザンヌ、ブランシュで3人の姿は岸辺の草むらとともにそのまま水面に反映する光の効果を効果的に表現しています。
ポプラとポピー

ポプラとポピー

14,457円(税込)
クロード・モネ
イメージサイズ:10cm x 13cm
モネは1874年以降「ひなげし」の連作を製作しています。この絵はその中の1点。すがすがしい春の光景が広がっています。
「睡蓮9」モネ

睡蓮9

16,553円(税込)
クロード・モネ
イメージサイズ:22cm x 16cm
日本に大変興味を持ち、モチーフや構図に日本的な自然観をもちい、光と水が混ざりあってもたらす効果を追求した睡蓮のシリーズの中の1作品。
モネの生涯の試みはこの睡蓮シリーズに綜合されている、と言われており、揺れ動く水面に浮かぶ睡蓮と絡み合う水草とで独自の奥深い世界を繰り広げます。深く青い水面に鮮やかに色を落とした目を惹く一枚です。

31件~40件 (全122件)  4/13ページ
最初へ  前へ 1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ